新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

Mystery Train/BON JOVI

There are days when she's a whisper
Nights when she's a scream
A reason to wake up in the morning
To close your eyes and dream

囁きの昼があれば
叫びの夜もある
朝 目を覚ますのも
目を閉じ夢を見るのも
彼女とのそんな毎日のため



She'll curse you like a sailor
She'll wound you with her eyes
She always makes it better
But she won't apologize

船乗りみたいに憎まれ口をたたいたり
その瞳で傷つけたり
彼女はいつだって直しはするけど
謝りはしない



I know everything about her
but don't know her at all

彼女の何もかもを知ってるけど
彼女を何一つ知らないんだ



She's a ride on a mystery train
To a place you've never been before
Better hold on tight to that mystery train
You're not in Kansas anymore
She's a ride
Mystery train

ミステリートレインの旅のようさ
彼女といると
行ったことのない場所へと連れて行く
しっかりつかまって ミステリートレインに
ここはもうカンザスじゃないんだよ
彼女はミステリートレイン



She cries because she's happy
She sings songs when she's mad
Like a stiff drink when you need it
She's good at being bad

嬉しいと泣く彼女
怒ると歌を唄うんだ
酔いたい時の 強い酒みたい
悪女になるのが上手なんだ



And long before you knew her
you knew she was the one

彼女を知る ずっと前から
彼女が運命の人だと分かってた



She's a ride on a mystery train
To a place you've never been before
Better hold on tight to that mystery train
You're not in Kansas anymore
She's a ride
Mystery train

ミステリートレインの旅のようさ
彼女といると
行ったことのない場所へと連れて行く
しっかりつかまって ミステリートレインに
ここはもうカンザスじゃないんだよ
彼女はミステリートレイン



I know everything about her
but don't know her at all

彼女の何もかもを知ってるけど
彼女を何一つ知らないんだ



She's a ride on a mystery train
To a place I've never been before
I've waited all my life
for that mystery train
I'm not in Kansas anymore
She's a ride
On a mystery train…

ミステリートレインの旅のようさ
彼女といると
行ったことのない場所へと連れて行く
ずっと待ってた このミステリートレインを
ここはもうカンザスじゃないんだよ
彼女はミステリートレイン…








2000年スウェーデンでのライブ映像をお借りしました。レアな曲ですよね♬
音が良くないのが残念ではありますが、やっぱりライブはカッコいいので載せます♡
手ぶれしながらも、こうしてupして下さっていてありがたいです(≧∀≦)



先日 こちらで記事を書かせて頂いた
Wildflower は、娘さんのことを歌っているという噂でした。
そしてこの曲は奥さんをイメージして作られたそうですね(*´꒳`*)









She'll curse you like a sailor
She'll wound you with her eyes
She always makes it better
But she won't apologize


船乗りみたいに憎まれ口をたたいたり
その瞳で傷つけたり
彼女はいつだって直しはするけど
謝りはしない



"like a sailor"という表現、Wildflower でも
"sailor's mouth"というかたちで登場しました。
禁語などをつかったり、下品な言葉使いをするという意味だそうです。
"curse"は「罵る」「悪態をつく」など。

ドロシアさんが?∑(゚Д゚)
思春期のステファニーちゃんなら分かるけど(汗)









I know everything about her
but don't know her at all

彼女の何もかもを知ってるけど
彼女を何一つ知らないんだ



"know" は
①「ある事柄を熟知している」
②「ある事柄が(話し手にとって)真であることを知っている」

一言で「知っている」とは言っても受け取り方は一つでないのは日本語と同じですね。

この場合は前者は②で後者は①でしょうか。

彼女のことは何でも知っているけど、ミステリアスな彼女を何一つ理解してないということなんでしょう。

同じ言葉で矛盾する二つの文を並べるところ、なんともオシャレ〜ここお気に入りです♡








She's a ride on a mystery train
To a place you've never been before
Better hold on tight to that mystery train
You're not in Kansas anymore
She's a ride
Mystery train

ミステリートレインの旅のようさ
彼女といると
行ったことのない場所へと連れて行く
しっかりつかまって ミステリートレインに
ここはもうカンザスじゃないんだよ
彼女はミステリートレイン



a ride on a mystery train
ミステリートレインに乗ること」
"ride" には「(乗り物でいく)旅」という意味もあります。

旅客に敢えて行き先を伝えないミステリーツアー。その旅に使う列車がミステリートレインだそうですね。聞いただけで、なんだかワクワクします。
彼女といると、彼もそんな気分になるのかな(^^)




Better hold on tight to that mystery train

3回のサビのうちの最後だけ、この部分を違うふうに歌ってますよね( ゚д゚)でもどういうわけか、どのサイトにもコレしかのってません…てことはCDのブックレットもでしょうか。。

"I've waited all my life
for that mystery train"

と歌ってるようすですね…多分(・・;)勝手に変えさせて頂きました。。ライブでもそうみたいなので、アドリブではなさそうかな。

「今までの僕の人生、ずっと待っていた。」って感じでしょうか(//∇//)キュン。。





You're not in Kansas anymore

童話「オズの魔法使い」の主人公ドロシーの
"Toto, I've a feeling
we're not in Kansas any more. "
「トト、ここはカンザスじゃない気がするわ」
という台詞からのようですね。
トトは彼女の愛犬。

愛犬を巡る近所とのトラブルもあり、カンザスの田舎町が煩わしく感じたドロシーは、虹の彼方の知らない世界を夢みます。
ある時、竜巻に家ごと吹き飛ばされ気を失った彼女は魔法の国オズに来てしまいます。
意識を取り戻した彼女が、故郷カンザスとはまるで違う別世界を見て言うのがこの台詞です。

ちなみに主人公の名前「Dorothy」のラテン語表記は「Dorothea」だそうです(*゚∀゚*)
偶然でしょうか。うーむ…ミステリー。






この曲、本来ならば "I" や "me" なのでは?というところが "you" になってたりしますね(゚o゚;;ややこしい。
"僕" と "彼女" だけのストーリーではなく ''君" がいます。誰?私?てなりますね(汗)
そのまま日本語で「君」にしてしまうと、とても不思議な感じになってしまいます。。

この "you" の捉え方としては、「君も含めた僕たち」というのが一番しっくりくると思います。
youの総称的用法とかなんとか。。話し手の共感を求める気持ちが存在するようです。

つまりはこうかな、「嫁って(彼女って)こうだよね。君んとこもそうだよね。」みたいな…(゚∀゚)

"she" は当然一人の人物を指しているのではなく、「僕の彼女」「君の彼女」であることになります。やっぱりややこしい(-_-;)






感情の起伏が激しくて気も強い💦予想外の行動で彼をびっくりさせるんだろうな。そんな彼女に振り回されつつも強く惹かれる優しい彼のイメージです。
ミステリートレインみたいな捉えどころのなさがまた、彼女の魅力なのでしょうか。

彼は聖人か、はたまたマゾか( ゚д゚)

何にせよ、彼女にベタ惚れなのは間違いなさそうですね(*゚∀゚*)












読んで下さりありがとうございます✨