新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

Miss Fourth of July/BON JOVI

I used to live but now I survive
I used to believe
but now it's just one day at a time

かつて僕は生きてた
でも今じゃ なんとか生き延びてる
ずっと信じてたけど
今じゃ それを保つのもやっとだ



The circus is gone,
it's all packed away
The clown's hat, the makeup's
been packed in his case

サーカスは終わり
すべて片付けられてしまった
ピエロの帽子や衣装は
箱にしまわれた



So we wave goodbye
to Miss Fourth of July
The queen of the roses
has left us with nothing but thorns

だから僕らは サヨナラと手を振る
Miss Fourth of July に
バラの女王は
僕らにトゲしか残さなかった



Don't say we never tried,
Miss Fourth of July
The stars that we reached for
left us with nothing but dawn

僕らが努力しなかったなんて言わないで
Miss Fourth of July
手を伸ばした星たちは
僕らに夜明けしか残さなかった



I used to laugh
but I've learned to cry
And I ain't too proud to let you see
tears fall from these eyes

かつて僕は笑ってた
でも泣くことを覚えたんだ
恥も外聞もなく
流れる涙を隠すこともしない



For all of my hopes,
my heartaches and fears
For a night I just watched
and you walked out of here

すべての願い
心の痛みと恐れの涙を
君がここからいなくなった
眠れぬ夜の涙を



I just waved goodbye
to Miss Fourth of July
The queen of the roses
has left us with nothing but thorns

ただ僕は サヨナラと手を振る
Miss Fourth of July に
バラの女王は
僕らにトゲしか残さなかった



Don't say we never tried,
Miss Fourth of July
The crown that we reached for
left us with nothing
But your thorns left me wounded
not unlike the truth

僕らが努力しなかったなんて言わないで
Miss Fourth of July
手を伸ばした王冠は
僕らに何も残さなかった
でもあなたのトゲは僕に傷を残した
真実はそんなもの



When innocence sang his last song
He'd tell me that it's all gone
Just look me in the eyes
and say it meant nothing at all

汚れなき者が 最後の歌をこう歌う
すべて無くなってしまったと
ただ僕の目をみつめ歌う
まったく無意味だったと



I used to live, I've learned to die
And I used to dream, I used to dream

かつて僕は生きてた
今 死について考えてる
昔はずっと夢みてた
ずっと夢みてたんだ



So now we wave goodbye
to Miss Fourth of July
The queen of the roses
has left us with nothing but thorns

だから今 僕らはサヨナラと手を振る
Miss Fourth of July に
バラの女王は
僕らにトゲしか残さなかった



Don't say we've never tried,
Miss Fourth of July
The stars that we reached for,
they've left us with nothing but dawn

僕らが努力しなかったなんて言わないで
Miss Fourth of July
手を伸ばした星たちは
僕らに夜明けしか残さなかった



Oh yeah
Nothing but a heavy hit of heartbreak
A handful of blues
Oh yeah
I'll never get off these

そうさ
心を打ち砕く痛烈な一撃と
両手いっぱいの憂鬱だけ
そうさ
決して逃れることはできないのさ







6月も今日で終わりですね。一年の半分が もう終わってしまったΣ(゚д゚lll)怖ろしいほどに早い。。


昨年11月から初めた このブログも、何だかとっ散らかってきたので、そろそろ整理していかなければと思ってはいますが(>_<)そのうち。。





100,000,000 Bon Jovi Fans〜から♬

1992年に書かれたけど、リリースされることはなかった曲。

Fourth of July はアメリカの独立記念日ですね。

世界史ほぼ忘れてるけど、これだけはしっかり頭に入ってます。何故なら自分の誕生日だから(^^; べつに何の得もしたことないですがね。


だからこの曲、ずっと反戦歌だと思っていた。。
時期がちょうど湾岸戦争と重なっていますしね。




この曲が書かれた'91〜'92年頃を jon は人生の「灰色の時代」と呼んでいて、とても辛い時期だったようですね。。「ヤング ガン」の後とのことなので、Blaze of Glory から Keep The Faith の間の時期になるのかな。

未来が見えなくなっていて、10代の頃にはあったはずの純粋さが永遠に失われたような気がしていたと。機会を動かす工具みたいに、誰かを満足させることに疲れきってしまっていたのだと。。

ビジネスとして音楽をすることに嫌気がさしたのですね。
音楽をただ好きな事としてでなく、仕事としてやっていくということは そういうことなのだと、この時の jon はまだ若過ぎて受け入れられなかったのかな。。きっと忙し過ぎたのですね。

この時期はずっとピアノの前に座り曲を書いて過ごしたそうで、Bed of Roses もこの時期に書いたのだと。

海外のあるファンサイトの噂では、この時期の jon はとても荒れていた。ビーチに座っては酒をあおる毎日を送っていて、走っている車に飛び込もうとしたところを妻のドロセアさんに止められたこともある…と書いてあったのだけど、本当なのかなぁΣ(゚д゚lll)まさかねぇ。



そんな時期に書いたこの曲は、jon にとっては辛い曲ではあるけれど、バンドの皆で初めてbox setの全ての曲を聴いていた時、リッチーがこの曲を気に入ったと言ったのだそう(*^^*)
それを聞いて jon もこの曲がとても好きになったのだと。
イーグルスのドン ヘンリーが歌えば最高に良いだろうなとも思ったと(^^)確かに聴いてみたい。





たぶんこれはCDのブックレットですね。やはり日本語のは無かったですが。。

http://bonjovi2005.free.fr/comm_box.php




でも何故、
”wave goodbye to Miss Fourth of July”なのだろうか。。


Miss Fourth of July は、ここではきっと「アメリカ」のことですよね。

The queen of the roses”も
”Miss Fourth of July”の言い換えですね。
バラはアメリカの国花です🌹

ここの「アメリカ」とは「世、社会」のことなのか。







I used to believe
but now it's just one day at a time

ずっと信じてたけど
今じゃ それを保つのもやっとだ



one day at a time は「その日その日、日一日、その日その時」と訳されるようです。

この部分はかなり意訳になりました。。







The circus is gone,
it's all packed away
The clown's hat, the makeup's
been packed in his case

サーカスは終わり
すべて片付けられてしまった
ピエロの帽子や衣装は
箱にしまわれた



「サーカス」とはバンドがデビューしてから
jon の言う「灰色の時代」まで、駆け抜けてきた日々の事なのでしょうか。
そう思うと、とても寂しい歌詞ですね。








For all of my hopes,
my heartaches and fears
For a night I just watched
and you walked out of here

すべての願い
心の痛みと恐れの涙を
君がここからいなくなった
眠れぬ夜の涙を




ここの”you”とは誰(何)か。。これも難しい。

バンドとしての活動を一時休止して離れているメンバーの事かなぁと思いました。

いかがでしょうか。。










深い喪失感を歌う哀しい曲。
リッチーとのハーモニーが美しく、それがまたセンチメンタルにさせます。



あんなに人気があって順調そうでも、周りには分かり得ない葛藤があっただなんて。。
立ち直ってくれて良かった(*^^*)










読んで下さりありがとうございます✨