読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

Thank You for Loving me/BON JOVI

It's hard for me to say the things
I want to say sometimes
There's no one here but you and me
And that broken old street light

なかなか言い出せないでいるんだ
時々 伝えたいって思うんだけど
ここには誰もいない
君と僕そして あの壊れた古い街灯だけ



Lock the doors
We'll leave the world outside
All I've got to give to you
Are these five words when I

ドアに鍵をかけよう
世界を外に閉め出して
今 君に贈るのは
この5つの言葉



Thank you for loving me
For being my eyes
When I couldn't see
For parting my lips
When I couldn't breathe
Thank you for loving me
Thank you for loving me

Thank you for loving me
僕の目になってくれたね
何も見えなかったとき
僕の唇を開けてくれたね
息ができなかったとき
愛してくれてありがとう
愛してくれて ありがとう



I never knew I had a dream
Until that dream was you
When I look into your eyes
The sky's a different blue

僕にも夢があるなんて思わなかった
君こそが その夢だと気づくまでは
君の瞳をのぞき込むと
空はいつもと違う青になるんだ



Cross my heart
I wear no disguise
If I tried, you'd make believe
That you believed my lies

神様に誓う
僕は決して偽らない
もし嘘をついても 君は
僕の嘘を信じるふりをするんだろうな



Thank you for loving me
For being my eyes
When I couldn't see
For parting my lips
When I couldn't breathe
Thank you for loving me

Thank you for loving me
僕の目になってくれたね
何も見えなかったとき
僕の唇を開けてくれたね
息ができなかったとき
愛してくれて ありがとう



You pick me up when I fall down
You ring the bell
before they count me out
If I was drowning
you would part the sea
And risk your own life to rescue me

僕が倒れたら 君が起こしてくれる
僕がノックアウトされる前に
君はゴングを鳴らすんだ
僕が溺れそうになったら
君は海を割り 命をなげうって助けるんだ



Lock the doors
We'll leave the world outside
All I've got to give to you
Are these five words when I

ドアに鍵をかけよう
世界を外に閉め出して
今 君に贈るのは
この5つの言葉



Thank you for loving me
For being my eyes
When I couldn't see
You parted my lips
When I couldn't breathe

Thank you for loving me
僕の目になってくれたね
何も見えなかったとき
僕の唇を開けてくれたね
息ができなかったとき



Thank you for loving me
When I couldn't fly
Oh, you gave me wings
You parted my lips
When I couldn't breathe
Thank you for loving me
Thank you for loving me…
for loving me

愛してくれて ありがとう
僕が飛べなかったとき
君は 羽をくれた
唇を開けてくれたね
息ができなかったとき
愛してくれて ありがとう
愛してくれて ありがとう…
愛してくれて







一週サボってしまったので、久しぶりの更新です。またいつものペースで、ぼちぼちやっていけたらなぁ。。
お付き合い頂けると嬉しいです✨




さて今回も大好きな曲…

1998年公開のアメリカ映画「ジョー・ブラックをよろしく」で、ブラッド ピット演じるキャラクターから発想を得たのが、この曲なのだそうですね。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジョー・ブラックをよろしく



ビラッド ピット演じるジョーがエンディングで”Thank you for loving me.”と言うのだとか。。

死神だなんて( ゚д゚)あんなにイケメンなのに。。
いったいどんなファンタジーなんだろう。
今度 観てみよ〜







それにしても…

なんて美しい曲なんでしょう。泣ける(/ _ ; )
これこそ究極の愛ではないだろうか。

男女の愛を歌っていますが、恋愛なんてそんなの超越してますね。惚れた腫れたの次元ではない。。

「君」の愛は、まるで母の愛のようだ。
決して見返りを求めない。海のように広く、深い愛。自分の命よりも大切なものを守りたいと思う、強くて美しい愛です。






こんなふうに愛せているだろうか…

どうしても見返りを求めてしまう、ちっちゃい女です(-_-)



If I tried, you'd make believe
That you believed my lies

もし嘘をついても 君は
僕の嘘を信じるふりをするんだろうな



こんなん無理だ。。
でも こんな彼女なら、誰だって大事にしますね💘
自分、まだまだ人間できてません。。



お母さんのように愛せたら、きっと何でも寛容に許せてしまうのだろうけど。。






母の日を前に、この曲を思い出したのでした💐









読んで下さりありがとうございます✨