新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

Reunion/BON JOVI

This isn't how the story ends, my friends,
It's just a fork along the road
Don't say your prayers, save your Amens

これでストーリーが終わるわけじゃない 友よ
道の途中の分岐点さ
祈りも「アーメン」も今はいらない



You've come this far,
but you're still far from home

ここまで来たが
ゴールはまだ遠い



Don't say goodbye, just say farewell
Write every line you'll live to tell
Hold your head high
like Harry give 'em hell

別れの時だ でもさよならは言わないでおこう
伝えるべきことは全部 詩に綴ろう
毅然としていよう
ハリーが奴らを打ち負かすみたいに



As the night ignites the day
Make some memories along the way

夜が新たな一日に火を点けたら
道すがら思い出をつくりながら行こう



Write your song, sing along, love your life
Learn to laugh, dare to dance,
touch the sky

作ろう歌を、歌おう共に、愛そう人生を
笑おう努めて、踊ろう思い切って、
触ろう空を



Take pictures each step of the way
Make this the best
of the rest of your days
Start your revolution
And I'll see you at the reunion

一歩づつの歩みを写真に収めよう
それが人生最高のものであるように
革命を始めよう
そしてまた会おう 同窓会で



Some friends will go and some will stay,
OK
Some last a chapter, some a page

去る者もいれば 留まる者もいる
それでいい
乗り越えることもあるだろう
ある者は一章だったり
ある者は1ページだったり



For some love comes disguised as lust
But you'll find love
when you find trust one day

また ある者には愛が
欲に隠れ 見えないかもしれない
でも いつか本当の愛を見つけるだろう
信じる誰かに出会えたとき



Do better than our parents did
Imperfect husband, wife and kids
Go chart your course
then turn it upside down

両親よりはうまくやろう
不完全な夫、妻、子供たち
航路図を描いたら
それをひっくり返そう



Go live your life eyes open wide
Who's to say what's wrong or right
Right?

自分の人生を生きろ 目をしっかり見開いて
何が正しいとか間違ってるとか
誰にも言えないさ
そうだろ?



Write your song, sing along, love your life
Learn to laugh, dare to dance,
touch the sky

作ろう歌を、歌おう共に、愛そう人生を
笑おう努めて、踊ろう思い切って、
触ろう空を



Take pictures each step of the way
Make this the best
of the rest of your days
Start your revolution
And I'll see you at the reunion

一歩づつの歩みを写真に収めよう
それが人生最高のものであるように
革命を始めよう
そしてまた会おう 同窓会で



As the night ignites the day
Go make some memories along the way

夜が新たな一日に火を点けたら
道すがら思い出をつくりながら行こう



Write your song, sing along, love your life
Yeah, learn to laugh, dare to dance,
touch the sky

作ろう歌を、歌おう共に、愛そう人生を
笑おう努めて、踊ろう思い切って、
触ろう空を



Take pictures each step of the way
Make this the best
of the rest of your days
I say, go start your own revolution
And I'll see you at the reunion

一歩づつの歩みを写真に収めよう
それが人生最高のものであるように
さぁ、君自身の革命を始めよう
そしてまた会おう 同窓会で



I'll see you at the reunion
Oh, I'll see you at the reunion

また会おう 同窓会で
また会おう 同窓会で



This isn't how the story ends, my friends,
It's just a fork along the road

これでストーリーが終わるわけじゃない 友よ
道の途中の分岐点さ







卒業の季節ですね🌸
卒業式 どこもだいたい終わってる頃でしょうか。。



ニュージャージー州立 ラトガース大学の卒業式に向けて書かれた曲なのだそうですね♬
卒業式でスピーチした後、ギターを手にとり歌ってますが これもまたいい✨

jon は この大学からhonorary degree(名誉学位というそうです)を授与されたのだとか。

キャンパスの一つがあるのはカムデン市。治安の悪さや貧困が深刻な問題となっている地域なのだそうです。


カムデン(英語:Camden [ˈkæmdən])は、アメリカ合衆国ニュージャージー州西部に位置するカムデン郡の郡庁所在地。 デラウェア川を境にペンシルベニア州フィラデルフィア市の対岸に位置しているカムデン市は、かつてはビクタートーキングマシン社やキャンベルスープ社をはじめとする大企業を抱える工業都市、またフィラデルフィア郊外の住宅地として重要な都市であったが、フィラデルフィア都市圏の再開発の中で雇用や人口が更に郊外へと流出したため治安が著しく悪化し、暴動も多発するようになった。現在全米で最も危険な都市の1つに数えられている。
Wikipediaより抜粋)



MVには、様々な取り組みによって生まれ変わっていく街の様子が収められてますね。

jon も活動をサポートしていて、MVに出てくるthe Joseph’s Houseというホームレスシェルターの創設には(キッチンの場面)、
JBJ Soul Foundationを通して寄付がされたと。
また、JBJ Soul Foundationは2009年からカムデンの市民団体と供に貧困やホームレス、飢餓に対する取り組みをしているそうですね。


http://www.app.com/story/entertainment/music/2017/01/19/new-bon-jovi-videos-greetings-camden-new-jersey/96789478/



初め、Reunion に何故このMVなのかと思いました…


jon はこの曲にこんなメッセージを込めたと。

”自分自身の道を切り開き、自分自身の方法を見つけなくてはいけない。計画通りにいかなかったとしても、くよくよすることはない。全部ひっくるめて、人生って素晴らしいものだろ?”

そしてこの曲は 卒業生だけでなく、カムデンの人々へ捧げるものでもあると。



http://www.iheartradio.ca/news/interview-bon-jovi-on-this-house-is-not-for-sale-song-meanings-1.2128388




素敵なMVだな✨演奏のシーンはカムデン高校の体育館で撮影されたそうです。なんだか
jon 若く見えるな。笑顔が輝いてますね♡







You've come this far,
but you're still far from home

ここまで来たが
ゴールはまだ遠い



home
スポーツやゲームでの「陣地、ゴール」野球の「本塁」他には「決勝点」の意味もあり、ここでは「ゴール」としました。







Hold your head high
like Harry give 'em hell

毅然としていよう
ハリーが奴らを打ち負かすみたいに



Harryは第33代大統領ハリー・S・トルーマン

”Give 'em hell, Harry”
「やつらを地獄に行かせろ、ハリー」は大統領選のスローガンだったそうです。
「やつら」は共和党のこと。彼は民主党です。

「地獄に行かせろ」と訳されてて、過激な表現のように思いますが、それよりは「やっつけてしまえ」みたいな感じ。。
応援や激励の意味で使われる表現のようです。


この人 とても不人気で、誰も(奥さんでさえ)当選の見込みはないと思っていたのにもかかわらず、大どんでん返しの末勝ったそうです。誰かさんみたいだ。。







As the night ignites the day
Make some memories along the way

夜が新たな一日に火を点けたら
道すがら思い出をつくりながら行こう




ここのコード進行というんですか?とても好きだなぁ♬でも訳すのは難しかった。。


ignite
他動詞では①〜に点火する、〜を発火させる
②(人の)感情を燃え上がらせる

the night ignites the day「夜が昼に点火する」

どうしてこんな言い回しなのだろう…

韻を踏んでるので、言葉遊びのようなものなのか、それとも何か別の意図が隠されているのか。。
調べてもこれというものにはたどり着けず。。

「夜が明ける」という意味だと解釈しましたが、あってるか分かりません。


ただ この曲、ボブ ディランからインスピレーションを受けていると書いている記事があったんです。。ボブ ディランの曲にこんな歌詞があったのかなぁ。
調べていると、興味深い記事を見つけました。


2010年LAタイムズ紙に掲載された、ジョニ ミッチェルへのインタビュー。
彼女もボブ ディランも、本名で活動してないということについて、彼女のコメントです。

"Bob is not authentic at all. He's a
plagiarist, and his name and voice are
fake. Everything about Bob is a
deception.We are like night and day, he
and I ”

「ボブは信頼できない。盗作野郎で、名前も声もインチキ。ボブの全てはまがいもの。彼と私は昼と夜みたいなもの。彼は彼。私は私。」


なんじゃこりゃ。
何があったのか知らないけど、名誉毀損で訴えられなかったのかな。。
ジョニ ミッチェルはカナダのミュージシャンだそうですね。曲聴いたことありませんでした。
ボブ ディランと共演したことも何度もあったようですが。。


「昼と夜」ってこのこと…?まさかねぇ



https://www.google.co.jp/amp/flavorwire.com/85781/folk-face-off-joni-mitchell-vs-bob-dylan/amp






Some last a chapter, some a page

乗り越えることもあるだろう
ある者は一章だったり
ある者は1ページだったり



他動詞「last」は「(〜の間)生き延びる、もちこたえる、耐える」

chapter は「(人生、歴史などの)重要な一区切り、大切な一部分」

page は「(歴史的な)事件、(人生の)挿話」





この曲、とても難しかったです。
今回は歌詞カードと解釈の相違もたくさんあったな。。




長々とお付き合い頂き感謝です✨










読んで下さりありがとうございます✨