読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

New Year's Day/BON JOVI

The midnight bells are ringing
A ship is setting sail
A newborn baby's crying
As lovers say farewell

真夜中0時の鐘がなり
船は出航の準備を始める
生まれたばかりの赤ん坊が泣いている
恋人たちが別れを告げるように



And I'm singing hallelujah
Amen, the angels say
Let's hope tomorrow finds us
It's new year's day

そして 俺は歌う ハレルヤを
アーメンと 天使たちが唱える
願おう 明日が俺たちを見つけることを
今日は新しい年の始まりの日



Let's toast to new beginnings
Raise up a glass and say
For all of our tomorrows
And what was yesterday

新たなスタートに乾杯だ
グラスを掲げて 言うんだ
俺たちの明日に
そして 昨日までに



I'm singing carpe diem
I'm saying seize the day
Come on, let's live forever
It's new year's day

俺は歌う カルペ ディエムを
俺は言う この日をつかめと
さぁ 生きよう 永遠に
今日は新しい年の始まりの日



Where does the time go
Just watch the wind blow
Sha la la la
It's new year's day

時代はどこへ向かうのか
ただ 風が吹くのにまかせて
シャラ ラ ラ
今日は新しい年の始まりの日



Green does the grass grow
Outside my window
Sha la la la
It's new year's day

窓の外では
青々と 芝がその色を濃くする
シャラ ラ ラ
今日は新しい年の始まりの日



This message in a bottle
The wisdom of the wine
It's just a rainy Monday
This isn't Auld Lang Syne

瓶の中の このメッセージは
ワインという格言
今日はただの雨の月曜日
オールド ラング ザインじゃない



I'm singing hallelujah
Amen, the angels say
Let's pray tomorrow finds us
It's new year's day

俺は歌う ハレルヤを
アーメンと 天使たちが唱える
祈ろう 明日が俺たちを見つけることを
今日は新しい年の始まりの日





✨HAPPY NEW YEAR✨

今日から始まる一年が 皆さまにとって素敵な年となりますように😊



BON JOVI の newアルバム
This House is Not for Sale から
「New Year's Day」です‼️


これまでの曲はダウンロードで聴いてましたが(ごめんなさい…)今回ちゃんとCD買いました✨

新参者なもので BON JOVI の曲すべてが昔からずっと親しまれているものでした…

なので 今回 newアルバムのリリースの知らせが どれだけ嬉しかったことか😭

BON JOVIファンの皆さまに混ざり、指折り楽しみにできたことが なにより幸せでした✨
間に合って良かったぁ。



Masa Ito さんの解説によると、このアルバム…
jon やバンドが この3年間で経験した苦悩(リッチーの脱退や、長年在籍してきたレコード会社との決裂等)を乗り越え、それをバネに未来を切り開こうとする「希望」が満載されたアルバムだと。。


確かに「New Year's Day」もすごく前向きだ✨

jon も「the rebirth of the band」(バンドの復活)を歌ってると言ってるそうで😆


http://www.songfacts.com/detail.php?id=41322



嬉しいなぁ💕ずいぶん遅くなったけど、
BON JOVI に出会えて良かった!

リッチーいないのは本当に残念だけど…
頑張って欲しいなぁ😆






hallelujah(ハレルヤ)

ヘブライ語由来の言葉で、「主をほめたたえよ」の意


carpe diem(カルペ ディエム)

その日を摘め(そのひをつめ、ラテン語: Carpe diem、カルペ・ディエム)は、紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩に登場する語句。「一日の花を摘め」、「一日を摘め」などとも訳される。また英語では「seize the day」(その日をつかめ/この日をつかめ)とも訳される



Auld Lang Syne(オールド ラング ザイン)

スコットランド民謡、非公式な準国歌である。日本では「蛍の光」の原曲として知られる。
古くからスコットランドに伝わっていた歌で、現在に至るまで、特に年始、披露宴、誕生日 などで歌われる

Wikipediaより抜粋)



CDには ちゃんと対訳がついてるのですよね😗

プロの仕事はどんなかなと、ちょーっと気になり 自分のと比べてみたりしちゃったり👀


難しい内容ではなかったので、解釈での相違は ほぼ無く🙂ほぼですが。。
日本語の表現は多様で 好みもあり、十人十色だと思います。

そして正直に言ってしまうと、、私好みの訳ではなかった。。素人が生意気言ってごめんなさい💦




大きく違うと感じた箇所は…


As lovers say farewell

恋人たちが別れを告げるように


としましたが、対訳は

「恋人たちが別れを惜しみ」でした。


この As に悩まされたのに…😵

対訳では As のもつ意味が生きてないように思うんだなぁ。。
この訳が正解なら、わざわざ As ついてないはずだと思うのですが。
いかがなものなんでしょうか?


as には結構な頻度で悩まされてるような気がする😢
この場合も「〜の時」や「〜ので」にあたるのかな…と思いましたが、いまひとつハマらない気がして、、

対訳はどれかといえば、
同時を表す「〜の時」の解釈なのでしょうか…




ここはたくさんある as の意味のうち
「様態(〜のように)」だと仮定しました。


A newborn baby's crying
As lovers say farewell

生まれたばかりの赤ん坊が泣いている
恋人たちが別れを告げるように



そうすると、メーテルリンクの童話
「青い鳥」の ある場面が浮かびました。

これから生まれてくる子どもたちが、時のおじいさんに促され地上に降りていきます。
中には、別れを悲しみ 絶対に地上でお互いを見つけ、再会しようと約束し合う子たちもいます。。



とてつもない妄想だったらごめんなさい😱

jon 教えてくれ。。




そして何が残念て…

It's new year's day を「今日は元日」とはして欲しくなかった😢
ニューイヤーズデイは元日には違いなんだけど…


だってこれ ただ元日のことを歌った曲じゃないですもん。。

そう思いません?!私だけ?🤔

この曲のテーマ「 新しく生まれる、新しく始まる」というイメージを加味して欲しかった…と思いました😢


今日は新しい年の始まりの日


としましたが、

「新しい年」は「新しい歳」とも言えると思います。


始まりは元日だけではなく、ただの雨の月曜日でも良いんですよね…


「今日は元日」だと…うん、やっぱり届かない。




いや…
決してプロの皆さまにケンカ売ってるわけじゃございません。。(プロの皆さまの目に触れるとも思ってません💦)

一個人の感想です。


もしかすると、直訳に徹しなくてはいけないというルールがあるのかもしれませんね。。





ただ、自分 曲のこと愛してます😚





新年早々 鼻息荒く失礼いたしました。。


読んで下さりありがとうございます✨