読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

Bed of Roses/BON JOVI

Sitting here wasted and wounded
at this old piano
Trying hard to capture the moment
this morning I don't know

傷を負い 疲れきって
この古いピアノに座り
一生懸命 その瞬間をとらえようとするが
今朝はうまくいかない



Cause a bottle of vodka is still lodged
in my head
And some blond gave me nightmares
I think she is still in my bed

ウォッカがまだ頭に残ってるし
俺に悪夢を見せたブロンドの女は
まだベッドにいるんだろうな



As I dream about movies
they won't make of me when I'm dead

まるで映画の夢を見てるようだ
俺が死んだって
決して俺のことを理解できないヤツらの



With an ironclad fist I wake up and
French kiss the morning
While some marching band keeps
its own beat in my head
While we're talking

固く拳を握りしめ 目を覚まし
フレンチキスを交わす朝
頭の中では マーチングバンドが
ビートを刻んでいる
俺たちが話してる間もずっと



About all of the things
that I long to believe
About love and the truth and
what you mean to me
And the truth is
baby you're all that I need

俺が信じたいと思ってるすべてのことや
愛や誠実
俺にとって君は何なのかについて話すけど
真実は
ベイビー 俺に必要なのは 君だけなんだ



I want to lay you down on a bed of roses
For tonight I sleep on a bed on nails
I want to be just as close as
the Holy Ghost is
And lay you down on bed of roses

君には いい暮らしをさせたいんだ
今夜 俺は釘のベッドで眠るだろうけど
聖霊のように
君に近く寄り添って
バラのベッドに横たえてやりたいんだ



Well I'm so far away
That each step that I take
is on my way home
A king's ransom in dimes
I'd given each night
Just to see through this payphone

ずいぶん遠くまで来たもんだ
踏み出す一歩一歩は
家へと向かってる
毎晩支払う
たくさんの10セント硬貨たちは
公衆電話越しの君に会うため



Still I run out of time
Or it's hard to get through
Till the bird on the wire
flies me back to you
I'll just close my eyes and whisper,
Baby blind love is true

それでも 時間を使い果たしたり
なかなか繋がらない時は
電線の鳥が
君の元に俺を届けてくれるまで
ただ目を閉じ ささやくんだ
ベイビー 盲目の愛は真実だと



I want to lay you down on a bed of roses
For tonight I sleep on a bed on nails
I want to be just as close as
the Holy Ghost is
And lay you down on bed of roses

君には いい暮らしをさせたいんだ
今夜 俺は釘のベッドで眠るだろうけど
聖霊のように
君に近く寄り添って
バラのベッドに横たえてやりたいんだ



The hotel bar hangover
whiskey's gone dry
The barkeeper's wig's crooked
And she's giving me the eye
I might have said yeah
But I laughed so hard I think I died

ホテルのバーで酔いつぶれ
ウィスキーは もう空だ
バーテンダーのカツラは傾いてて
俺に色目を使ってくる
イエスと答えたかもしれないけど
笑いすぎて死ぬかと思った



When you close your eyes
Know I'll be thinking about you
While my mistress she calls me
to stand in her spotlight again

目を閉じて そうすれば分かるだろう
俺が君のことを考えてると
愛人が もう一度スポットライトに立つよう
俺を呼ぶ時だって



Tonight I won't be alone
But you know
that don't mean I'm not lonely
I've got nothing to prove for it's you
that I'd die to defend

今夜 俺はひとりじゃないだろう
でも 分かるだろ?
寂しくないわけじゃないって
何の証明もできないけど
俺が命をかけて守るのは君なんだ



I want to lay you down on a bed of roses
For tonight I sleep on a bed on nails
I want to be just as close as
the Holy Ghost is
And lay you down

君には いい暮らしをさせたいんだ
今夜 俺は釘のベッドで眠るだろうけど
聖霊のように
君に近く寄り添って
横たえてやりたいんだ



I want to lay you down on a bed of roses
For tonight I sleep on a bed on nails
I want to be just as close as
the Holy Ghost is
And lay you down on bed of roses

君には いい暮らしをさせたいんだ
今夜 俺は釘のベッドで眠るだろうけど
聖霊のように
君に近く寄り添って
横たえてやりたいんだ バラのベッドに




Keep The Faith の頃の jon、どストライクだわぁ😍
髪が短くなって、色も明るいブラウンなんですよね。。

Keep The Faith のMVを初めて見た時にゃ ハート射抜かれましたわ💘ズキューン😳

美しいを通り越して神々しい。。✨

もう…拝んでしまいます🙏🏻



さて 今回の…


Bed of Roses ✨名曲ですよね〜

私が語るまでもございませんが…

jonが忙しくて会えない奥様に捧げた曲だそうですね〜😘

jon が夫…素敵な妄想がふくらみそうです😍
ポワン ポワン💕


いやぁ…私なら心配すぎて精神病みますわ😱


そりゃ奥様は大変だったと思います。。
確かこの頃、お子様も誕生してるんでしょうか。
ツアーについて行くわけにもいかなかったでしょうしね😢


いくら jon がしっかりしてても、周りが放っておいてくれるわけがない…

隙あらばと 目を光らせる女豹は数知れず…だったのではないでしょうかねぇ…
クワバラ クワバラ😱


jon も奥様の嫉妬に悩んだことがあったのでしょうか。。
歌詞にもあるように、色々と話し合うけど、結局 jon にとって大切なのは奥様だけだったのでしょうね😊




さて 歌詞ですが…


bed of roses で「安楽な暮らし」という意味があるそうですね。この曲で初めて知りました。


冒頭の

Trying hard to capture the moment

一生懸命 その瞬間をとらえようとするが



ホテルの部屋でピアノに向かい曲を書いていたようですが、この「瞬間」て何のことかなぁ?とあれこれ考えました。。

が、jon が自ら言ってました。。


結婚式を思い出そうとしてたようです😳






As I dream about movies
they won't make of me when I'm dead

まるで映画の夢を見てるようだ
俺が死んだって
決して俺のことを理解できないヤツらの



映画?と思いましたが、、

The Doors」という映画のことのようです

『ドアーズ』(原題: The Doors)は、1991年のアメリカ映画。1960年代後半から1970年代初頭にかけて活躍したアメリカのロックバンド「ドアーズ」のヴォーカリストであるジム・モリソンの半生と彼の恋人パメラとの愛情を描いた伝記的映画である。(Wikipedia より抜粋)


こちらに書いてありました👇


http://www.songfacts.com/detail.php?id=1149


他にも ここの情報によると、


愛人(mistress)は、音楽産業やライブのステージ。
また jon は音楽のことを「mistress」と表現したことがあると書いてるようです。。

スポットライトはマスコミのことだとも。。


色々解釈あるようですが、

私は「愛人」はファンたちのこと、
「ブロンドの女」は熱狂的ファンで、隙をみて jon を襲った女豹だと思ってます🤔




I've got nothing to prove for it's you
that I'd die to defend

何の証明もできないけど
俺が命をかけて守るのは君なんだ



クゥーッ😍ここが一番好きだなぁ〜💕

これ jon に言われたら
大概のことは許してしまいますよね😳


困難を乗り越え ずっと家族を大切に守ってる jon は やっぱり素敵だなぁ😘





読んで下さりありがとうございます✨