新参JOVIガールのブログ 〜和訳への挑戦〜

BON JOVI の和訳と雑談です。

Keep the Faith/BON JOVI

Mother mother tell your children
That their time has just begun
I have suffered for my anger
There are wars that can't be won

母よ伝えて あなたの子供たちに
彼らの時代は始まったばかりだと
俺は自分の怒りの報いを受けてきた
勝てない戦いが そこにあるんだ



Father father please believe me
I am laying down my guns
I am broken like an arrow
Forgive me
Forgive your wayward son

父よ信じて この俺を
俺はもう 銃を捨てる
心が矢のように折れてしまったんだ
許して
許して 自分勝手な息子を



(Everybody needs somebody to love)
mother, mother
(Everybody needs somebody to hate)
please believe me
(Everybody's bitching
'cause they can't get enough)
And it's hard to hold on
When there's no one to lean on

(皆 愛する誰かが必要だ)
母よ、母よ
(皆 憎む誰かが必要だ)
俺を信じて
(皆 不平を言う 満たされてないから)
とても耐えられやしない
頼れる誰かがいなけりゃ



You know you're gonna
live through the rain
Lord we've got to keep the faith
Don't you let your love turn to hate
Now we've got to keep the faith
Keep the faith
Keep the faith
Lord we've got to keep the faith

この雨を切り抜けるんだ
神よ俺たちは 信念を貫くのさ
愛を憎しみに変えないで
今俺たちは 信念を貫くのさ
信念を貫け
信念を貫け
神よ俺たちは 信念を貫くのさ



Tell me baby when I hurt you
Do you keep it all inside
Do you tell me al's forgiven
And just hide behind your pride

ベイビー教えて 俺が君を傷つけたら
君は全て内に秘めるのか
そのプライドの陰に隠れて
全て許すと言うのか



(Everybody needs somebody to love)
mother, father
(Everybody needs somebody to hate)
please don't leave me
(Everybody's bleeding
'cause the times are tough)
Well it's hard to be strong
When there's no one to dream on

(皆 愛する誰かが必要だ)
母よ、父よ
(皆 憎む誰かが必要だ)
どうか置いて行かないで
(皆 傷ついてる 生きにくい時代だから)
強くなんてなれやしない
夢追う者が誰もいなけりゃ



You know you're gonna
live through the rain
Lord,we've got to keep the faith
Don't you know it's never too late
Right now we've got to keep the faith
Don't you let your love turn to hate
Lord,we've got to keep the faith

この雨を切り抜けるんだ
神よ俺たちは 信念を貫くのさ
分かるだろ 決して遅すぎやしない
さぁ今俺たちは 信念を貫くのさ
愛を憎しみに変えないで
神よ俺たちは 信念を貫くのさ



Keep the faith
Keep the faith
Oh we've got to keep the faith
Keep the faith
Keep the faith
Lord,we've got to keep the faith

信念を貫け
信念を貫け
あぁ俺たちは 信念を貫くのさ
信念を貫け
信念を貫け
神よ俺たちは 信念を貫くのさ



Walking in the footsteps
Of society's lies
I don't like what I see no more
Sometimes I wish that I was blind

足跡をたどり歩いてる
社会の嘘の足跡を
見えるものすべてが もうたくさんだ
時々願う この目が見えなければと



Sometimes I wait forever
To stand out in the rain
So no one sees me cryin'
Trying to wash away the pain

時々待つんだ ずっと
雨の中に立ち
この涙を隠すのを
この痛みを洗い流すのを



Mother father
There's things I've done I can't erase
Every night we fall from grace
It's hard with the world in your face
Trying to hold on, trying to hold on

母よ 父よ
消すことのできない過去がある
今夜もまた 俺たちは見放されるのさ
こんな尖った世の中じゃ
耐えられない とても耐えられない



You know you're gonna
live through the rain
Lord you've got to keep the faith
Don't you let your love turn to hate
Right now we've got to keep the faith
Trying to hold on, trying to hold on
Everybody keep the faith

この雨を切り抜けるんだ
神よあなたも 信念を貫かなきゃ
愛を憎しみに変えないで
今すぐ俺たちは 信念を貫くのさ
耐えるんだ、耐えるんだ
皆 信念を貫け





この度肝抜くキレイさ。。
美しいを通り越して、神々しい✨(*゚∀゚*)

一番お気に入りのMVです💕






解散の危機も噂された、jon の言う「灰色の時代」からの脱却。
アルバム Keep The Faith は、その証とも言えるのでしょうか。

カバーの写真や同タイトルのこの曲から、バンドの固い決意が伝わりますね。





2009年リリースのコンピレーションアルバム
Oh Happy Day 収録の、ゴスペルバージョンを見つけた✨なかなか面白いです♬






歌い出しからの ”Mother” や ”Father” は多分、キリスト教に於いての「母」や「父」ですね。

keep the faith は「信念を貫く」の他に「しっかりする」「元気をだす」相手を激励する時は「希望を持って頑張れ」など…色んな日本語が当てはめられます。







Don't you let your love turn to hate
Now we've got to keep the faith

愛を憎しみに変えないで
今俺たちは 信念を貫くのさ



”Don't let your love turn to hate.”なら普通の命令形だけど、ここでは Don't の後に you が入っている。。
ややこしいことに、否定疑問文と全く同じになってしまうわけです。
でもその訳ではしっくりいかない。


you が命令文に残ることで「you」を強調し、話し手の苛立ちや怒りを表します。
はたまた一方で、穏やかな くだけた表現としても使われることもあるそうですが。。
それはもう語気から判断するしかないですね。

ただ、歌詞の場合は意味がどうというより、リズムにのせるために単語を入れたり省いたりはすると思います。
実際、この部分も「you」がなければ拍にのせにくいですよね。


話を戻して、、
普通の命令文では、強調の「you」は文頭にきます。

例)You open the door.

でも否定の命令文では、この「you」は
Don't の後に入るのですね。

例)Don't you open the door.



自分、今の今まで どんな場合も文頭にくると思ってましたΣ(゚д゚lll)


そこでほっとけないのが 以前に書いた
”One Step Closer”の記事。。



《When you're standing on the edge
you don't look down
Till you're ready and willing to fly

崖っぷちに立った時
下を見るんじゃない
君が自ら進んで飛ぼうと思うまでは》



ここの”you don't look down” をただの否定文ではしっくりこないから、強調の命令文ってことにしてしまったのですが、間違いだと判明しました。

デタラメを書いてしまい、申し訳ございません‼️
勉強不足でした。。



それでもこの歌詞に関しては、まだ納得がいってない自分。。ある仮説をたてました(汗)しつこい…(ずいぶん余談になり申し訳ないです。。なんならスルーして下さい(@_@)


先ほど、命令文に you が「残る」と言ったのは、そもそも命令文とは「主語が省略されて動詞が原型になったもの」だそうなので。
命令する状況において、主語は二人称である you になります。


主語の”you”が残ったものだとは考えられないか。


一説によると そのまま残って命令文として成り立つとの記述を、どこかで読んだような気がしていたので。。


確認すべく、ネイティヴに聞いてみた(・Д・)それが一番手っ取り早い💦


結果。。
「これは命令文ではない」ですって∑(゚Д゚)
前述の強調以外で、主語がこうして残ることはないそうです( ;∀;)チーン






ならばこれしかない(>_<)まだあるのか。。


歌詞ならではの、拍に合わせるための「you」でどうだ(汗)


You! Don't look down.


「you」は呼びかけで、完全に独立していると考えるしかない。(どうしても、この訳を変えたくないらしい…)




え?どうでもいい?そうですか。。

なんだか重ね重ね申し訳ないですm(_ _)m







次いってみよう(・Д・)ノ




Sometimes I wait forever
To stand out in the rain
So no one sees me cryin'
Trying to wash away the pain

時々待つんだ ずっと
雨の中に立ち
この涙を隠すのを
この痛みを洗い流すのを



BON JOVI の曲、歌詞に「雨」が頻回に出てきますね☂️
涙を隠したり、痛みを洗い流したり…詩人だな✨






Mother father
There's things I've done I can't erase
Every night we fall from grace
It's hard with the world in your face
Trying to hold on, trying to hold on

母よ 父よ
消すことのできない過去がある
今夜もまた 俺たちは見放されるのさ
こんな尖った世の中じゃ
耐えられない とても耐えられない



”fall from grace” は「(ばかな行いにより)目上の人から好かれなくなる」「神の恩寵を失う、堕落する」

「見放される」としたのは、”神に”という意味で。



”in your face” は「好戦的な、挑発的な、攻撃的な」を意味するようです。







長々とお付き合いありがとうございます
m(_ _)m

自分 まだまだです(-_-;)

今後、より一層精進いたします。。




えっと それから…夏期休暇頂きます💦暑いもんで。

精進も一旦お休みです(゚∀゚)オイッ


涼しくなったら再始動しているかと…
その時はまたよろしくお願いいたしますm(_ _)m






皆様、体調にはくれぐれも気をつけて、素敵な夏をお過ごし下さい🍧








読んで下さりありがとうございます✨

Let it Rain/JON BON JOVI

Last night I had a dream
That there would be a morning after
Long days of sunshine and peace
Long nights of love, forgiveness,
and laughter

昨晩 夢を見たんだ
こんな明日があればと思うような
太陽の光と安らぎの昼に
愛と寛大さと笑いに満ちた夜



Maybe it was just a dream,
but it could be reality
Children are like planting seeds
You've got to let their flowers grow
Don't you know

多分それはただの夢
でも実現できるのかも
子どもたちは種をまいてる
その花を育てるのは あなたなんだ
違うかい?



Fa che piova, (Let it rain)
Fa che il cielo mi lavi il dolor
(Let heaven wash away my pain)
Fa che piova (Let it rain)
Che sia la pace il nome d'amor
(That peace would be the name of love)

雨よ降れ
僕の痛みを洗い流せ
雨よ降れ
その平和は愛の名に変わる



Today I saw a child
Just like my child
Someone's son or daughter
I watched as they played for a while
I wanted to cry
Those babies just smiled

今日僕は子どもに出会った
ちょうど僕の子みたいな
誰かの息子や娘たち
しばらくの間 彼らが遊ぶのを見て
泣きたくなった
彼らはただただ 微笑んでたんだ



Maybe it was just a dream
But it should be reality
A child is just God's sign that
Peace and love are seeds
that make tomorrow grow

多分それはただの夢
でも実現しなくちゃ
子どもは神の思し召し
平和と愛が
明日へと育つ種だという



Fa che piova, (Let it rain)
Fa che il cielo mi lavi il dolor
(Let heaven wash away my pain)
Fa che piova (Let it rain)
Che sia la pace il nome d'amor
(That peace would be the name of love)

雨よ降れ
僕の痛みを洗い流せ
雨よ降れ
その平和は愛の名に変わる



Go on, we've tried war
No one wants peace more
Than the children who ask their dads why

進もう、僕らは充分戦ってきた
パパにどうして?とたずねる子どもたち
それ以上の平和なんて誰も望まないさ



Fa che piova, (Let it rain)
Fa che il cielo mi lavi il dolor
(Let heaven wash away my pain)
Fa che piova (Let it rain)
Che sia la pace il nome d'amor
(That peace would be the name of love)

雨よ降れ
僕の痛みを洗い流せ
雨よ降れ
その平和は愛の名に変わる



Fa che piova (Let it rain)
Fa che piova (Let it rain)

雨よ降れ
雨よ降れ







Let It Rain というタイトルのこの曲を、梅雨の時期だからという理由で選び取りかかっていたのですが、ここ数日の降り方といったら…

この度の豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。








三大テノールの1人 ルチアーノ パヴァロッティが、1998年のに開催したチャリティーコンサート(Pavarotti & Friends for the children of Liberia)の為に jon が書いた曲。

パヴァロッティは「Pavarotti & Friends」と題したチャリティーコンサートを他にも開催していて、エルトン ジョン、エリック クラプトン、ジョージ マイケル、スティング、このアルバムでは セリーヌ ディオン、ヴァネッサ ウィリアムス、スティーヴィー ワンダーなどなど…多くのビッグネームたちが参加しているのですね。


jon が参加したコンサートはリベリアの内戦で孤児となった子どもたちの為のものでした。




リベリア」について

リベリアはアメリカの黒人奴隷を解放して受け入れるために1847年に建国されました。
大西洋に面した西アフリカにあります。

リベリア」は自由の国を意味します。
解放された奴隷はアメリコ・ライベリアンと呼ばれ、意識も生活様式もアメリカナイズされていました。
アメリコ・ライベリアンは土着の人たちより上等な人間として振る舞い、彼等を長い間、支配しました。
争いの芽が、ここにあります。
地元軍人のドゥ大統領の登場(1980)で、アメリコ・ライベリアンの支配が崩壊し、長期政権が続きますが、1989年、政治腐敗と部族対立を主要因として、反政府軍が反乱蜂起して、7年間におよぶ内戦が始まりました。(1989~1997)
人口250万人から260万人(推定)
武装ゲリラ勢力 7団体
国外流失難民  74万人
国内避難民   150万人
死者    25万人
一般市民を巻き込んだ、理由もない殺戮や略奪が行われました。
被害をうけたのは立場の弱い子どもたちでした。
市民として紛争に巻き込まれるだけでなく、約6,600人の 子どもたちが少年兵として戦場に送り込まれました。
中には6歳の子どももいたと言われます。
子どもが扱える小さく軽い銃が広く普及したことがその大きな原因です。また、脅かしやすく、命令通りに働き、給料を要求しない子どもたちは軍隊にとって扱いやすい存在だったのです。
1996年に内戦が終結
それ以後、リベリアは世界から忘れられた国になりつつあります。
戦場から子どもたちが通常の社会に復帰することは、簡単なことではありません。
家族や社会 から受けるべき愛情や教育なしに育ち、心に大きな傷を受けた子どもたち。暴力に慣れた彼らは、脅かされたり、退屈しただけ で暴力に走る危険性があるのです。
(~黒柳徹子リベリア報告~より抜粋)


今となっては古い情報なのですが、とても分かりやすい記事だったので載せさせて頂きました…

http://www.inv.co.jp/~tagawa/liberia/liberia.html


黒柳徹子さん。とても尊敬する人の1人です。






jon の歌声も素敵だけど、やはり巨匠パヴァロッティは良い声。
手に持ってる白いハンカチは、持ってると落ち着くんだそうですね。可愛い💕

偉大なオペラ歌手でありながら、ジャンルにとらわれないところも立派だ。

他のミュージシャンとのコラボも同じく、ジャンルや言語は違っても一つの素敵な作品になるのですね。音楽で繋がる。素晴らしいコンサートだったのでしょうね。




異常気象による災害もそうですが、ここ最近の緊迫した世界情勢も気になります。。



Let it rain…

幸せの雨が世界中に降り注ぎ、愛と平和の明日を育むことを願ってやみません。










読んで下さりありがとうございます✨

Miss Fourth of July/BON JOVI

I used to live but now I survive
I used to believe
but now it's just one day at a time

かつて僕は生きてた
でも今じゃ なんとか生き延びてる
ずっと信じてたけど
今じゃ それを保つのもやっとだ



The circus is gone,
it's all packed away
The clown's hat, the makeup's
been packed in his case

サーカスは終わり
すべて片付けられてしまった
ピエロの帽子や衣装は
箱にしまわれた



So we wave goodbye
to Miss Fourth of July
The queen of the roses
has left us with nothing but thorns

だから僕らは サヨナラと手を振る
Miss Fourth of July に
バラの女王は
僕らにトゲしか残さなかった



Don't say we never tried,
Miss Fourth of July
The stars that we reached for
left us with nothing but dawn

僕らが努力しなかったなんて言わないで
Miss Fourth of July
手を伸ばした星たちは
僕らに夜明けしか残さなかった



I used to laugh
but I've learned to cry
And I ain't too proud to let you see
tears fall from these eyes

かつて僕は笑ってた
でも泣くことを覚えたんだ
恥も外聞もなく
流れる涙を隠すこともしない



For all of my hopes,
my heartaches and fears
For a night I just watched
and you walked out of here

すべての願い
心の痛みと恐れの涙を
君がここからいなくなった
眠れぬ夜の涙を



I just waved goodbye
to Miss Fourth of July
The queen of the roses
has left us with nothing but thorns

ただ僕は サヨナラと手を振る
Miss Fourth of July に
バラの女王は
僕らにトゲしか残さなかった



Don't say we never tried,
Miss Fourth of July
The crown that we reached for
left us with nothing
But your thorns left me wounded
not unlike the truth

僕らが努力しなかったなんて言わないで
Miss Fourth of July
手を伸ばした王冠は
僕らに何も残さなかった
でもあなたのトゲは僕に傷を残した
真実はそんなもの



When innocence sang his last song
He'd tell me that it's all gone
Just look me in the eyes
and say it meant nothing at all

汚れなき者が 最後の歌をこう歌う
すべて無くなってしまったと
ただ僕の目をみつめ歌う
まったく無意味だったと



I used to live, I've learned to die
And I used to dream, I used to dream

かつて僕は生きてた
今 死について考えてる
昔はずっと夢みてた
ずっと夢みてたんだ



So now we wave goodbye
to Miss Fourth of July
The queen of the roses
has left us with nothing but thorns

だから今 僕らはサヨナラと手を振る
Miss Fourth of July に
バラの女王は
僕らにトゲしか残さなかった



Don't say we've never tried,
Miss Fourth of July
The stars that we reached for,
they've left us with nothing but dawn

僕らが努力しなかったなんて言わないで
Miss Fourth of July
手を伸ばした星たちは
僕らに夜明けしか残さなかった



Oh yeah
Nothing but a heavy hit of heartbreak
A handful of blues
Oh yeah
I'll never get off these

そうさ
心を打ち砕く痛烈な一撃と
両手いっぱいの憂鬱だけ
そうさ
決して逃れることはできないのさ







6月も今日で終わりですね。一年の半分が もう終わってしまったΣ(゚д゚lll)怖ろしいほどに早い。。


昨年11月から初めた このブログも、何だかとっ散らかってきたので、そろそろ整理していかなければと思ってはいますが(>_<)そのうち。。





100,000,000 Bon Jovi Fans〜から♬

1992年に書かれたけど、リリースされることはなかった曲。

Fourth of July はアメリカの独立記念日ですね。

世界史ほぼ忘れてるけど、これだけはしっかり頭に入ってます。何故なら自分の誕生日だから(^^; べつに何の得もしたことないですがね。


だからこの曲、ずっと反戦歌だと思っていた。。
時期がちょうど湾岸戦争と重なっていますしね。




この曲が書かれた'91〜'92年頃を jon は人生の「灰色の時代」と呼んでいて、とても辛い時期だったようですね。。「ヤング ガン」の後とのことなので、Blaze of Glory から Keep The Faith の間の時期になるのかな。

未来が見えなくなっていて、10代の頃にはあったはずの純粋さが永遠に失われたような気がしていたと。機会を動かす工具みたいに、誰かを満足させることに疲れきってしまっていたのだと。。

ビジネスとして音楽をすることに嫌気がさしたのですね。
音楽をただ好きな事としてでなく、仕事としてやっていくということは そういうことなのだと、この時の jon はまだ若過ぎて受け入れられなかったのかな。。きっと忙し過ぎたのですね。

この時期はずっとピアノの前に座り曲を書いて過ごしたそうで、Bed of Roses もこの時期に書いたのだと。

海外のあるファンサイトの噂では、この時期の jon はとても荒れていた。ビーチに座っては酒をあおる毎日を送っていて、走っている車に飛び込もうとしたところを妻のドロセアさんに止められたこともある…と書いてあったのだけど、本当なのかなぁΣ(゚д゚lll)まさかねぇ。



そんな時期に書いたこの曲は、jon にとっては辛い曲ではあるけれど、バンドの皆で初めてbox setの全ての曲を聴いていた時、リッチーがこの曲を気に入ったと言ったのだそう(*^^*)
それを聞いて jon もこの曲がとても好きになったのだと。
イーグルスのドン ヘンリーが歌えば最高に良いだろうなとも思ったと(^^)確かに聴いてみたい。





たぶんこれはCDのブックレットですね。やはり日本語のは無かったですが。。

http://bonjovi2005.free.fr/comm_box.php




でも何故、
”wave goodbye to Miss Fourth of July”なのだろうか。。


Miss Fourth of July は、ここではきっと「アメリカ」のことですよね。

The queen of the roses”も
”Miss Fourth of July”の言い換えですね。
バラはアメリカの国花です🌹

ここの「アメリカ」とは「世、社会」のことなのか。







I used to believe
but now it's just one day at a time

ずっと信じてたけど
今じゃ それを保つのもやっとだ



one day at a time は「その日その日、日一日、その日その時」と訳されるようです。

この部分はかなり意訳になりました。。







The circus is gone,
it's all packed away
The clown's hat, the makeup's
been packed in his case

サーカスは終わり
すべて片付けられてしまった
ピエロの帽子や衣装は
箱にしまわれた



「サーカス」とはバンドがデビューしてから
jon の言う「灰色の時代」まで、駆け抜けてきた日々の事なのでしょうか。
そう思うと、とても寂しい歌詞ですね。








For all of my hopes,
my heartaches and fears
For a night I just watched
and you walked out of here

すべての願い
心の痛みと恐れの涙を
君がここからいなくなった
眠れぬ夜の涙を




ここの”you”とは誰(何)か。。これも難しい。

バンドとしての活動を一時休止して離れているメンバーの事かなぁと思いました。

いかがでしょうか。。










深い喪失感を歌う哀しい曲。
リッチーとのハーモニーが美しく、それがまたセンチメンタルにさせます。



あんなに人気があって順調そうでも、周りには分かり得ない葛藤があっただなんて。。
立ち直ってくれて良かった(*^^*)










読んで下さりありがとうございます✨

Summertime/BON JOVI

Feels something like summertime
Top down and nothing but time
Radio's on and you're by my side
Feels something like summertime

何だか まるで夏みたい
オープンカーに たっぷりの時間
ラジオをつけて 隣には君がいて
何だか まるで夏みたい



These days life goes like this
Wake up, check that off of some list
Gotta be a little something
more than this
at the bottom of my coffee cup

近頃 毎日こんな感じ
朝起きて、リストにチェックをいれて
もっと何かがありそうだ
僕のコーヒーカップの底



I keep a postcard in the back of my mind
White sand, sunshine
And you're shining like a brand new dime
That's keeping me from giving up
Thinking like I had enough

心の片隅のポストカードは
白い砂、輝く太陽
君は真新しいコインのように輝いてる
満たされてるって思うから
頑張れるんだ



You make me
feel something like summertime
Top down ain't nothing but time
Radio's on and you're by my side
Feels something like summertime

君といると
何だか まるで夏みたい
オープンカーに たっぷりの時間
ラジオをつけて 隣には君がいて
何だか まるで夏みたい



Like that first slow dance
and that first long kiss
There ain't nothing baby better than this
It's like a beach blanket
and a bottle of wine
It feels something like summertime
Summertime

初めてのスローダンスみたいな
初めての長いキスみたいな
これ以上のものなんて何もないさ
ビーチブランケットにワイン
何だか まるで夏みたい



I was a warm breeze with a cool tan
Life mapped out on the back of my hand
When God was laughing
I was making plans
But he didn't laugh when I found you
If there's a heaven baby you're the proof

僕はクールな日焼けの温かいそよ風
手の甲には綿密に練られた人生設計
僕が計画を立ててるとき
神様は笑ってたけど
僕が君を見つけたとき 彼は笑わなかった
天国があるんだとすれば 君がその証



You make me
feel something like summertime
Top down ain't nothing but time
Radio's on and you're by my side
Feels something like summertime

君といると
何だか まるで夏みたい
オープンカーに たっぷりの時間
ラジオをつけて 隣には君がいて
何だか まるで夏みたい



Like that first slow dance
and that first long kiss
There ain't nothing baby better then this
It's like a beach blanket
and a bottle of wine
It feels something like summertime
Summertime

初めてのスローダンスみたいな
初めての長いキスみたいな
これ以上のものなんて何もないさ
ビーチブランケットにワイン
何だか まるで夏みたい



Feel something like summertime
Top down ain't nothing but time
Radio's on for me and my valentine

何だか まるで夏みたい
オープンカーに たっぷりの時間
ラジオをつけて 僕と僕の愛しい君のために



Like that first slow dance
and that first long kiss
There ain't nothing baby better then this
It's like a beach blanket
and a bottle of wine (yeah)

初めてのスローダンスみたいな
初めての長いキスみたいな
これ以上のものなんて何もないさ
ビーチブランケットにワイン



Feels something like summertime
Top down ain't nothing but time
Radio's on and you're by my side,
Feels something like summertime

君といると
何だか まるで夏みたい
オープンカーに たっぷりの時間
ラジオをつけて 隣には君がいて
何だか まるで夏みたい



Just like summer time
Summertime
Something like summertime

まるで夏みたい
夏みたい
何だかまるで夏みたい






ようやく梅雨らしくなってきそうな気配☔️
本格的な夏は すぐそこまできてますね🍧


jon は夏が好きだと、昔のインタビューで言ってたっけ。。
ニュージャージーは緯度が北海道と同じくらいなのですね。
夏でも過ごしやすいんだろうな。湿度も日本みたいに高くないだろうし。
厳しい寒さを知ってるから、夏の訪れは心弾むものなのでしょうね(^^)




2007年2月、ニューヨークに大雪が降り、ちょうどその日ニューヨークにいた jon は足止めをくらっていたのだとか。この曲はその時にできたそうですね。

窓の外は一面の銀世界。身動きもとれないという状況で、夏が一層恋しく感じたのかもしれません。








Feels something like summertime
Top down and nothing but time

何だか まるで夏みたい
オープンカーに たっぷりの時間




「top down」はオープンカーのことですが、普通は「convertible」とか「convertible car」というそうです。ちなみに「オープンカー」は和製英語(^^;








Gotta be a little something
more than this
at the bottom of my coffee cup

もっと何かがありそうだ
僕のコーヒーカップの底




これ、何のことなのでしょうね( ゚д゚)
これだけではハッキリ分かりません。。


ただ一つ思い浮かんだのが…コーヒー占い(^^;

coffee reading と言って、カップの底についた飲み残しの形を見て占うようです。
もともとはトルコ伝統の占いで、トルココーヒーを使うと粉が残り、占いやすいみたいですが。

斬新すぎますかね…jon もビックリだっりして。







Life mapped out on the back of my hand
When God was laughing
I was making plans
But he didn't laugh when I found you

手の甲には綿密に練られた人生設計
僕が計画を立ててるとき
神様は笑ってたけど
僕が君を見つけたとき 彼は笑わなかった




”back of one's hand'' は「手の甲」
手の甲で練られた人生設計… ピンときませんが、

”know 〜 like the back of one's hand” で
「〜を知り尽くしている、〜を熟知している」
自分でよく見える所だからなのでしょうね。

ここでは「綿密に計画を立てて、把握しきっている人生設計」こんな感じなのか。





映画監督として多くの賞を受賞し、俳優や脚本家、小説家、クラリネット奏者という、ウディ アレン
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ウディ・アレン
の名言として、


If you want to make God laugh,
tell him about your plans

もし神様を笑わせたいのなら、
君の将来の計画を神様に話してごらんなさい



というものがあるそうです。



jon がこれを引用したのかは分からないけど、

「僕が人生の計画をたててる時、嘲笑していた神様は、君を選んだ時だけはバカにしなかった」

ここはそういう意味なのかと。。







You make me ! がお気に入りです(*^^*)


曲から伝わる幸福感。。
”summertime”は”幸せ”の象徴なのですね。


ポップで若々しい感じ✨
この曲、One Direction が歌ってても違和感ゼロかも(^^)








暑さにはめっぽう弱い自分。。夏は苦手です(*_*)

暑いのは嫌だけど、クーラーも気持ち悪くなるという、めんどくさい体質です。。今年も無事に乗り切れるのか不安。

スマホも最近調子が悪く、すぐに熱を持ち液晶がヤバイことになるので、試しに冷蔵庫で冷やしたら機嫌を直すという。。めんどくさい。
こいつも無事に暑い夏を越せるのか不安。


皆様、熱中症など体調には気をつけましょう(・_・;














読んで下さりありがとうございます✨

I Got the Girl/BON JOVI

It feels like I'm walkin' on air
When we walk down our street
When the neighbors stop
to watch us walk by
You can hear 'em talking
(let them talk)

ウキウキするんだ
二人で通りを歩いてると
ご近所さんたちが立ち止まって
僕らが通り過ぎるのを見てる
何か言ってるのが聞こえるだろ
(話させておこう)



Sometimes I think that
you're the only reason
The sun still shines
(when it shines)
And when this wicked world
starts bringing me down
I tell myself that I'm one lucky guy

時々思うんだ
太陽が輝いてるのは
君のためなんじゃないかって
(晴れてる時はね)
この邪悪な世の中が
僕を憂鬱にさせ始めても
自分自身に言うんだ 僕は幸運なヤツだって



I got the girl
holding all the cards
I got the girl
she's a work of art
I got the girl
who's gonna break my heart

このコを手に入れた
カードは全部そろってる
このコを手に入れた
彼女は芸術だ
このコを手に入れた
僕の心を打ち砕く



She likes to wear her stripe
with her plaids
And she won't brush her hair (I swear)
She don't like wearing shoes
in December
But I don't care what she wears

彼女はストライプを
チェックに合わせて着るのが好きなんだ
彼女は髪をとかさない(本当さ)
彼女は靴を履きたがらない
12月なのに
でも僕は気にしないさ 彼女が何を着ようと



I got the girl
holding all the cards
I got the girl
she's a work of art
I got the girl
who's gonna break my heart

このコを手に入れた
カードは全部そろってる
このコを手に入れた
彼女は芸術だ
このコを手に入れた
僕の心を打ち砕く



If I was a holy man
I'd get down on my knees
So the angels that watch over her
would give a break to me

もしも僕が聖者なら
ひざまずいただろう
彼女を見守る天使たちが
僕を見逃してくれるように



Holy Mother of saint bubble gum
and sister band-aid knees
Won't you please
pray for the ones like me

セント バブルガムの聖母さま
そして シスター バンドエイドニー
僕のような者のため
祈ってくれませんか



But the truth is someday
Somebody is gonna take her from me
But the queen of hearts will always be
A five-year-old princess to me
(to me)

だけど現実は いつか
誰かが彼女を僕から取って行く
でもハートの女王はいつだって
5歳のお姫様なんだ 僕にとっては
(僕にとっては)



I got the girl
holding all the cards
I got the girl
she's a work of art
I got the girl
who's gonna break your heart

このコを手に入れた
カードは全部そろってる
このコを手に入れた
彼女は芸術だ
このコを手に入れた
誰かの心を打ち砕く



I got the girl
she's gonna leave her mark
I got the girl
she's a work of art
I got the girl
she's gonna break your heart

このコを手に入れた
彼女は軌跡を残してく
このコを手に入れた
彼女は芸術だ
このコを手に入れた
誰かの心を打ち砕く



I got the girl…

このコを手に入れた…








もうすぐ父の日ですね✨


素敵な父娘💕 jon とても幸せな笑顔ですね。

後ろで見守るティコは優しい笑顔(*^^*)
きっと小さい頃からの成長を見てるからですね。親戚のおじちゃんみたいなもんなんだろうな〜




歌詞もとても微笑ましい。



She likes to wear her stripe
with her plaids
And she won't brush her hair (I swear)
She don't like wearing shoes
in December
But I don't care what she wears

彼女はストライプを
チェックに合わせて着るのが好きなんだ
彼女は髪をとかさない(本当さ)
彼女は靴を履きたがらない
12月なのに
でも僕は気にしないさ 彼女が何を着ようと




この部分が可愛くてお気に入りです。
知らずに聴くと、どんな女だと思いますが∑(゚Д゚)

幼い頃のステファニーちゃんが目に浮かぶようですね💕








I got the girl
holding all the cards

このコを手に入れた
カードは全部そろってる



”holding all the cards” はそのまま直訳しましたが、「全部のカードを持っている」すなわち「とても有利な立場にある」という意味で使うそう。

ここでは「彼女がいれば無敵だ」こんな感じかな。








If I was a holy man
I'd get down on my knees
So the angels that watch over her
would give a break to me

もしも僕が聖者なら
ひざまずいただろう
彼女を見守る天使たちが
僕を見逃してくれるように



”give a break” 「ひと息つかせる、休憩させる」「チャンスを与える」「許す、大目にみる」

ここでは「見逃してくれる」としました。。


何を?かというと、後の


But the truth is someday
Somebody is gonna take her from me

だけど現実は いつか
誰かが彼女を僕から取って行く



のことなのでしょう。
ここ、少しキュンとします。パパ寂しい。。


”セント バブルガム” や ”シスター バンドエイド ニー”が可笑しいですね^_^


娘の結婚式。花嫁の父の jon は泣いちゃうのかな。。きっと そう遠くはない未来ですね。









ひとつ謎が…

歌詞を探してたら、こんな箇所が記載されてるものがあるのですが、jon は歌ってない。。

場所はちょうど、

She likes to wear her stripe
with her plaids〜

の所の直前です。


いくつものサイトのがこうなっている。。





She says that
someday she's gonna marry me
When that day comes
that we walk down the aisle
She'll make me feel
like a prince, a lord or a king

彼女は言う
いつか僕と結婚するって
結婚式のその日がきたら
彼女は僕を王子、君主、王みたいな
気分にさせるんだろうな




幼い娘とパパあるあるな光景で、とても好きなのですが、jon 歌ってませんね。。
幻の歌詞。ロングバージョンとして、どこかに存在するのかな。

気になるけど、それはさておき…







あらま〜💘\(//∇//)\









読んで下さりありがとうございます✨

Hearts Breaking Even/BON JOVI

It's been a cold, cold, cold, cold
night tonight
And I can't get you off my mind
God knows I've tried

今夜はとても冷たい
冷たい夜だ
君のことが頭から離れない
忘れようとしてるさ 神様は知ってる



Did I throw away the best part of my life
When I cut you off, did I cut myself
with the same damn knife

俺は人生のほとんどを捨てたのか
君を俺から切り離した時
その同じナイフで
俺自身を傷つけたのか



Hide my tears in the pouring rain,
had my share of hurt and pain
Don't say my name, run away,
cause it's all in vain

降りそそぐ雨に涙を隠し
俺の分の傷と痛みを受け取った
名前を呼ばないで、行ってくれ
虚しいだけだから



My heart's breaking even,
now there's no use we even try
Hey I cried, Yeah I lied,
Hell I almost died

心さえも壊れてしまう
二人の努力すら もう無駄だ
泣いたさ、嘘もついた
死にそうだった



Both got our reasons,
let's just fold the cards and say good-bye
It's all right,
just two hearts breaking even tonight

二人とも理由は分かってる
カードを伏せて置き さよらなを言おうぜ
それでいいのさ
今夜 痛みを分ける二つのハート



It's been a long,
long, long, long, long time
Since I've had your love here in my hands
We didn't understand it,
we couldn't understand it

とても長い
長い月日が経った
俺がこの手に君の愛を掴んでから
二人とも分かってなかった
分からなかった



But, nothing's fair in love and hate
You lay it all down and walk away ,
before it's too late

愛も憎しみも不公平なもんなのさ
君はそれを全部置いて 去っていった
手遅れになる前に



We danced all night as the music played
The sheets got tangled
in the mess we made
There in the stains , we remain,
No one left to blame

俺たちは一晩中踊った 音楽を流して
散らかった部屋で シーツは乱れた
ついたそのシミに 二人がまだ残ってる
誰のせいでもないんだ



My heart's breaking even,
now there's no use we even try
Hey I cried, Yeah I lied,
Hell I almost died

心さえも壊れてしまう
二人の努力すら もう無駄だ
泣いたさ、嘘もついた
死にそうだった



Both got our reasons,
let's just fold the cards and say good-bye
It's all right,
just two hearts breaking even tonight

二人とも理由は分かってる
カードを伏せて置き さよらなを言おうぜ
それでいいのさ
今夜 痛みを分ける二つのハート



Go on, get on with your life,
Yeah - I'll get on with mine
Broken hearts can't call the cops,
yeah it's the perfect crime

そのまま、君の人生をやっていけよ
そうさ、俺は俺のをやっていく
心が壊れたって警察は呼べない
そう 完全犯罪さ



Twisting and turning the night
keeps me yearning
I'm burning alive
I'm paying the price again
But I'll see the light again

曲がりくねった この夜が
君への思いを強くさせる
生きたまま燃やされてる気分
また代償を払うんだ
でも きっと受け入れるさ



My heart's breaking even,
now there's no use we even try
Hey I cried, Yeah I lied,
Hell I almost died

心さえも壊れてしまう
二人の努力すら もう無駄だ
泣いたさ、嘘もついた
死にそうだった



Both got our reasons,
let's just fold the cards and say good-bye
It's alright,
just two hearts breaking even tonight

二人とも理由は分かってる
カードを伏せて置き さよらなを言おうぜ
それでいいのさ
今夜 痛みを分ける二つのハート



Oh I'm going, gonna walk out the door
Saying you don't care for me anymore
That's alright,
just two hearts breaking even tonight

あぁきっと ドアの外に出ていくから
もう俺のことは気にするなと言って
それでいいのさ
今夜 痛みを分ける二つのハート








前回と同じく、アルバム These Days からお気に入りを♬

50'sのオールディーズみたいなこの感じ、好きだ♡ jon 歌うまいなぁと思います(*^^*)
NEW JERSEYの頃に比べて、この頃にはうんと歌唱力上げてますよね〜
発声法を変えた?勝手にそんな気がしてます。







Hide my tears in the pouring rain,
had my share of hurt and pain

降りそそぐ雨に涙を隠し
俺の分の傷と痛みを受け取った



”share”に、この曲の大意が表れてるのかなと思います。傷も痛みも分け合ったのですね。






Both got our reasons,
let's just fold the cards and say good-bye
It's all right,
just two hearts breaking even tonight

二人とも理由は分かってる
カードを伏せて置き さよらなを言おうぜ
それでいいのさ
今夜 痛みを分ける二つのハート




break even は「損得なしになる、とんとんになる、五分五分になる」
商売や賭け事で使われるようです。

”even”はスポーツで「引き分け」の意味ですね。
二つに割り切れる「偶数」も ”even”


恋をゲームに例え、ここはもうカードを伏せて、引き分けにしようということなのでしょう。。






My heart's breaking even,
now there's no use we even try

心さえも壊れてしまう
二人の努力すら もう無駄だ



ここでの二つの”even”は副詞の「〜でさえ、〜ですら」本当は文頭にきて、

Even my heart's breaking.

なんだろうけど、たぶん先程の”breaking even”とかけて末尾に持ってきたのですね。

この曲、”even”がたくさん…




円満な別れの曲…

誰のせいでもない。
even ということにして、さよならしよう。

でも哀しさに溢れていますね(/ _ ; )






話が逸れますが、これ…


We danced all night as the music played

俺たちは一晩中踊った 音楽を流して



前回こちらでも貼り付けさせてもらいました、Damned のライブ動画(1995年ブラジル)を見た方は、お気づきでしょうか。
jon のパフォーマンス(//∇//)





この曲、あの2人の物語の続きだったりして。。











読んで下さりありがとうございます✨

Damned/BON JOVI

Lyin' here beside you
in someone else's bed
Knowin' what we're doin's wrong
but better left unsaid

君のとなりに横たわってる
他の誰かのベッドで
俺たちのしてることは間違いだと分かってる
だけど それは言わない



Your breathin' sounds like screamin'
It's all that I can stand
His ring is on your finger
but my heart is in your hands

君の息づかいが叫びのようだ
これだけは耐えられる
君の指には彼のリングが
でも君の手の中には俺のハートが



Damned if you love me
Damned if you don't
It's gettin' harder holdin' on
but I can't let you go

最低だ 俺を愛してても
最低だ 愛してなくても
続けるのが難しくなってる
でも 君を手離すことはできないよ



Damned if you don't need me
Damned if you do
Oh God
I wish it wasn't me
standin' in these shoes
Damned
Damned

最低だ 俺が必要じゃなくても
最低だ 必要でも
あぁ 神よ
ここに立っているのが
俺じゃなければ
最低だ
最低だ



The door slams like a shotgun
You jump up to your feet
But it's just the wind
that's blowin' through those secrets
that we keep

ドアが銃みたいに音をたてて閉まる
君は飛び上がり身を起こす
でも それはただの風
俺たちの秘密を吹き抜ける



Made me want to want you
God knows I need to need you
By the time this love is over
I'll be sleepin' on the street

君を欲してたい 君がそうさせた
神は知ってる 君を求めずにはいられないこと
この愛が終わる頃には
俺は路上で眠るんだろうな



Damned if you love me
Damned if you don't
It's gettin' harder holdin' on
but I can't let you go

最低だ 俺を愛してても
最低だ 愛してなくても
続けるのが難しくなってる
でも 君を手離すことはできないよ



Damned if you don't need me
Damned if you do
Oh God
I wish it wasn't me
standin' in these shoes

最低だ 俺が必要じゃなくても
最低だ 必要でも
あぁ 神よ
ここに立っているのが
俺じゃなければ



Why won't you talk to me?
Because I'm too blind to see
Why won't you look at me?
Because I'm afraid to breathe
What do you want from me?
All that I can stand
The lies are on my tongue
and I can't turn back
I know my soul is damned

なぜ話してくれないの?
目がくらんで見えないから
なぜ私を見ないの?
息をするのが怖いから
私から何が欲しいの?
俺が耐え得るものすべて
口からでまかせ
もう戻れない
知ってるさ 俺の魂は最低だ



Don't worry
I ain't gonna call you
or hear you say my name
But if you see me on the streets
Don't wave
Just walk away

心配いらない
君を呼んだりしないさ
俺を呼んでも聞かないようにするから
外で俺を見かけても
手を振らず
ただ行き過ぎるんだ



Our lives are gettin' twisted
Let's keep our stories straight
The more that I resist it
my temptation turns to fate

俺たちの人生はややこしくなってる
正直にいこうよ
我慢すればするほど
抑えきれなくなるんだ



Damned if you love me
Damned if you don't
It's gettin' harder holdin' on
but I can't let you go

最低だ 俺を愛してても
最低だ 愛してなくても
続けるのが難しくなってる
でも 君を手離すことはできないよ



Damned if you don't need me
Damned if you do
Oh God
I wish it wasn't me
standin' in these shoes
Damned
Yeah I'm Damned

最低だ 俺が必要じゃなくても
最低だ 必要でも
あぁ 神よ
ここに立っているのが
俺じゃなければ
最低だ
そう 俺は最低だ




Damned if you love me
Damned if you don't
It's gettin' harder holdin' on
but I can't let you go

最低だ 俺を愛してても
最低だ 愛してなくても
続けるのが難しくなってる
でも 君を手離すことはできないよ



Damned if you don't need me
Damned if you do
Oh God
I wish it wasn't me
standin' in these shoes
Damned
I'm Damned

最低だ 俺が必要じゃなくても
最低だ 必要でも
あぁ 神よ
ここに立っているのが
俺じゃなければ
最低だ
俺は最低だ







奥さん( ゚д゚)見ました⁉️
jon のセクシーダンス。。



前回に引き続き、禁断の恋といえばこの曲かな♬

これは These Days ツアーでしょうか。
1995年のライブだけ(それも南米だけ?)のパフォーマンスですね…💕



ルーサー イングラムのヒット曲、
「If Loving You Is Wrong」の歌詞を引用してるようですが、原曲とはメロディーが違って、歌詞も少しだけ違うみたいですね。jon はこう歌ってる。




If loving you is wrong,
I don't wanna be right
If being wrong means being with you
I'd rather live a wrong doing life

君を愛することが間違いなら
正しくなんていたくない
間違いが 君といることを意味するなら
俺は間違いの人生を生きる



Your friends tell you
There's no future in loving a married man
If I can't see you when I want
I'll see you when I can

君の友達は言う
既婚の男との愛に未来はないと
君に会いたい時に会えないなら
会える時でいいから



If loving you is wrong,
If loving you is wrong,
If loving you is wrong,
I don't wanna be right

君を愛することが間違いなら
君を愛することが間違いなら
君を愛することが間違いなら
正しくなんていたくないよ




”Hey, baby…” からは jon のアドリブですね💘

会場の女性ファン、絶叫だ(゚o゚;;
「俺の部屋に来なよ」と手招きしてる時に目が合ったファン。失神してるに違いない。






Made me want to want you
God knows I need to need you
By the time this love is over
I'll be sleepin' on the street

君を欲してたい 君がそうさせたんだ
神は知ってる 君を求めずにはいられないこと
この愛が終わる頃には
俺は路上で眠るんだろうな




Made me want to want you

君を欲してたい 君がそうさせたんだ



主語がないから分からないけど、madeの主語は多分「君」かなと。。「神」?とも思ったけど、「君がそうさせたんだ」にしました。



どうして路上で寝るのか…たぶん、この恋のために今ある全てを失ってもいいということなのかなと。それくらい求めずにはいられない。。
この恋に身ぐるみ剥がされるのでしょうか(汗)








Why won't you talk to me?
Because I'm too blind to see
Why won't you look at me?
Because I'm afraid to breathe
What do you want from me?
All that I can stand

なぜ話してくれないの?
目がくらんで見えないから
なぜ私を見ないの?
息をするのが怖いから
私から何が欲しいの?
俺が耐え得るものすべて





この、かみ合わない問答は何だろう。
嘘だから?


ちなみにこのライブでは…


Why won't you talk to me?
Because I'm afraid to breathe
Why won't you look at me?
Because I'm too blind to see

なぜ話してくれないの?
息をするのが怖いから
なぜ私を見ないの?
目がくらんで見えないから


って歌ってますね(゚o゚;;
CDとは違うけど、これならまだ かみ合っている。。




問いかけてるのは主人公の彼女か妻なのかな…とも思いましたが、どうなのかなぁ。



恐らく主人公は、この彼女との将来は考えてないですね。
愛してるし、嫉妬もするけど奪って逃げようというわけではない。
できればこのままの関係でいたい。いつまで続くか分からないけど、今は手離したくない。。こんな感じでしょうか?

理解し難いけど…


主人公は多分既婚者かな。

先程のルーサー イングラムの曲の歌詞も、イラっとするくらい身勝手でした(°_°)


自分自身に苛立つほどに、抑えられない欲望との葛藤なのでしょうね。。






Our lives are gettin' twisted
Let's keep our stories straight
The more that I resist it
my temptation turns to fate

俺たちの人生はややこしくなってる
正直にいこうよ
我慢すればするほど
抑えきれなくなるんだ




keep straight「ずっと正直でいる」

tempt fate「危険を冒す、むちゃをする」







タイトルでもある damned は、
形容詞で
①地獄に落とされた、のろわれた
②非難された、忌まわしい
③途方もない、驚くべき

副詞で「ひどく、とても、全く」
必ずしも悪い意味だけに使われるわけではなく、

It's damned cold today. (今日はやけに寒い)

のように使ったりするようです。



動詞「damn」が間投詞として、非難や不満、腹立ちなどを強くぶちまける禁語であると、辞書には載ってます。
お行儀のよい言葉ではないのですね💦



日本語の「ダメ」が、英語圏の人には”damn it” に聞こえるそうで。。
「しまった!ちくしょう!いまいましい!…」
などの意味。


ここでの damned も間投詞的な使われ方ですよね。。めちゃくちゃ迷った末「最低だ」にしたけど、いかがでしょうか…







何かとストレスフルな日々、悪態つくこともしばしば…
口には出しませんがね。大人ですから。
心の声で。。


でも先日の朝 慌てて出かける準備をしていて、タンスの引出しをひっぱったところ、前の板だけ外れて足の上に落ちた時は「クッソ!」と思いきり悪態つきました(汗)

今もまだ、そこだけ奥行きのありすぎる棚になってます(T-T)











読んで下さりありがとうございます✨